古代天皇家「八」の暗号−遂に高松塚古墳の暗号を解読

アクセスカウンタ

zoom RSS 大嘗祭の暗号解読に成功−高松塚古墳と同様な暗号(謎解明・被葬者特定・石上麻呂)であった

<<   作成日時 : 2009/11/02 15:45   >>

トラックバック 2 / コメント 0

何故、「大嘗祭」と「高松塚古墳」の呪術的グランドデザイン(暗号)が共通なのか? それは、「天皇号」の問題に行きつくからです。(伊勢神宮・日光東照宮とも共通)

大嘗祭(だいじょうさい)とは、即位して初めての新穀(八束穂・やつかほ)を、天照大神(あまてらすおおみかみ)と天皇とが共食され、国家の安泰と繁栄を祈る儀式です。

大嘗祭を体現することで、天皇は神格を得、大八州(独立国・日本)の「祭祀王(さいしおう)=天皇」として君臨することとなるのです。
このことについては、どの学者も同意しています。

しかし、もう一点の問題があります。
大嘗宮の内陣のほとんどの場所を占める神座(寝座・八重畳・やえだたみ)を、どのように解釈するかです。
この神座(寝座・八重畳)についての論考を試みたのが、折口信夫(おりくちしのぶ)氏です。
この論考が、有名な「真床襲衾論(まとこおふすまろん)」です。


この説は、『日本書紀』神代巻に、ニニギノミコトが降臨されたときにくるまわれたと記されている「真床襲衾・まとこおふすま」と、大嘗宮・内陣の神座・八重畳に用意される寝具・「御衾・おふすま」を同一のものと推論しました。

そして、天皇は、八重畳の上で「真床襲衾・まとこおふすま=御衾・おふすま」にくるまる秘儀をされる、というのです。

神座(寝座・八重畳)の「御衾・おふすま」にくるまることで、皇祖神・天照大神と一体化し、完全な天皇になられる、というわけです。
私は、この説に賛成です。

しかしながら、最重要なことが見逃されていました。
私見ながら、伊勢神宮(リニューアル)同様、大嘗祭においても、天武天皇が最もこだわったのは、「天皇大帝・てんこうたいてい(北極星神)」の意味付けにあったと思います。

つまり、天皇とは、北極星神(天皇大帝・てんこうたいてい)である、ということを確証させることにあったのです。今までの大嘗祭の研究者は、ほとんど、そのことの探究をしませんでした。

しかも、この問題は、伊勢神宮と大嘗祭をセットとして考えないと、答えが出てこないのです。
それは、初めて正式に「天皇号」を採用した、天武天皇の気持ちを理解することで分かるのです。

私は、口幅(くちはば)ったいが、言わせていただきたいのです。
私には分かるのです。天武天皇の胸中が。
その胸中とは、次の通りです。


@ 対・中国皇帝属国拒否、つまり独立国家の象徴として「天皇号」を正式に採用しようとしたこと(673年)。

A そして、ならば、天照大神(太陽神)と天皇大帝(北極星神)の矛盾をどのように解消したらいいのか悩み、思いを巡らしたこと。

B その矛盾した「天皇(天皇大帝)」の意味付けを合理的に解決する方法として、「伊勢神宮(リニューアル)」と「新嘗祭」(大嘗祭)の祭祀儀礼を利用しようとしたこと。

C 伊勢神宮、大嘗祭において、天皇(天皇大帝)を表現する呪術として、古代日本の聖数「八・や」と、中国の「太極(太一・北極星)八卦」の哲理を利用しようとしたこと。


今までの学者は、大嘗祭において、肝腎な天皇という言葉のルーツである「天皇大帝・てんこうたいてい」について、言及することはありませんでした。

小生のいう「真床襲衾・まとこおふすま」論とは、つまり、大嘗祭とは、「天皇大帝・てんこうたいてい」=「北極星神」=「天皇」を証明する、祀りでもあるのです。

大嘗祭の呪術的グランドデザインは、高松塚古墳の呪術的グランドデザイン(伊勢神宮の呪術的グランドデザイン・日光東照宮の呪術的グランドデザイン)と同じ呪術でもあったのです。

残念ながら、今まで、誰も、この呪術的グランドデザイン(大嘗祭の本義)について論ずる者はいませんでした。
(小生が、初めて発見したのですから、当然ですが)

詳しくは『古代天皇家「八」の暗号』(畑アカラ)に記してあります。

この拙著に、天地に描く、呪術的グランドデザイン図を載せています。
(大嘗祭・伊勢神宮・高松塚古墳・日光東照宮、それぞれに共通した、呪術的グランドデザイン)

是非とも、ごらんいただけたらと、思います。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ルイヴィトン バッグ
大嘗祭の暗号解読に成功−高松塚古墳と同様な暗号(謎解明・被葬者特定・石上麻呂)であった 古代天皇家「八」の暗号−遂に高松塚古墳の暗号を解読/ウェブリブログ ...続きを見る
ルイヴィトン バッグ
2013/07/10 02:33
●真床襲衾(マドコオフスマ)
●真床襲衾(マドコオフスマ) ◆まとこ おうふすま 【真床追衾】 〔「まとこ」は床の美称,「おう」は「おおう(覆)」の転〕 床をおおう夜具。日本書紀の天孫降臨神話や海幸山幸神話などで,誕生した皇子を包む具とされ,天皇の即位儀礼における衾との関連が指摘されている。   ◆真床追衾 読み方:マトコオウフスマ 床をおおう夜具   ◆『◆真床襲衾(マドコオフスマ)』⇒ http://amba.to/MIrNx6   ◆折口信夫 古代人の思考の基礎 - 青空文庫 http:/... ...続きを見る
志葉楽(シバラク)
2014/10/05 10:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大嘗祭の暗号解読に成功−高松塚古墳と同様な暗号(謎解明・被葬者特定・石上麻呂)であった 古代天皇家「八」の暗号−遂に高松塚古墳の暗号を解読/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる